一般  >   ゲーム  >   天下統一V
商品のご購入

価格:¥8,467 (税込)
ポイント:423ポイント
制限時間:---

天下統一V

アニメ
天下統一V
対応OS: Windows 2000 / Windows XP / Windows 98 / Windows Me
カテゴリ: シミュレーション
ジャンル: 戦国   ウォー  
ブランド: システムソフト・アルファー
発売日: 2011/06/21
その他: (C)2008 SystemSoft Alpha Corporation

プレイヤーは全国各地に割拠する戦国大名の一人となり、混迷きわめる
戦国時代へと身を投じることになる。
ある時は知謀に優れた智将として、ある時は自ら軍を率いる猛将として
活躍し、遥かなる天下統一への道を目指す。

本作では、武田信玄が甲斐の覇権を握るところから始まる「猛虎迅雷」、
信長が家督を継ぎ大名同士の争いが激しくなる「群雄割拠」など4本もの
シナリオで遊べる。

刷新されたグラフィック、新たに追加された「血縁システム」、
女性キャラクターの新登場など、数々の新要素が盛り込まれさらなる
完成度、これぞ戦国シミュレーションゲームの決定版。

サンプル画像
サンプル画像1 サンプル画像2 サンプル画像3 サンプル画像4
サンプル画像5 サンプル画像6 サンプル画像7 サンプル画像8
サンプル画像9 サンプル画像10 サンプル画像11 サンプル画像12
動作環境
CPU PentiumⅢ 1.0GHz以上のCPU搭載機種(2GHz以上を推奨)
メモリ 512MB以上のRAM(1GB以上推奨)
ビデオ 1024×768ドット、32ビットTrue Color以上のカラー表示が可能な環境ビデオ、メモリ64MB以上を搭載したグラフィックアクセラレータボードが必要(256MB以上推奨)
サウンド DirectSoundに対応したサウンドカード
DirectX DirectX9.0以上
その他 ゲームデザイン原案:(C)黒田幸弘・ミューズソフト株式会社※本製品については、ミューズソフト株式会社および黒田幸弘氏は、いっさい関わっておりません。
システム
【大きく進化した主要な新要素】

◆8つのターンと7つのフェイズ
本作では1年が、春・夏・秋・冬を上旬・下旬に分けた8つの
「ターン」で構成されており、各ターンは『更新』『計画』『内政』
『外交』『軍備』『戦略』『合戦』の7つの「フェイズ」から
成り立っている。
プレイヤーは、フェイズごとに「治水開墾」や「武将への俸禄」「出陣」
といった各種コマンド(命令)を実行してゲームを進めていく。
コンピュータが操作する他大名家は独自の思考で行動し、あたかも現実の
歴史をシミュレートするような状況が展開されることとなる。

◆抜群の迫力と臨場感あふれる合戦
本作の醍醐味である合戦には野戦と一騎討ち、そして攻城戦がある。
野戦では、兵を疲弊させて敵の士気を下げることで相手を敗走させる
という実際の戦いに近いルールを採用。
また、「騎馬隊」「鉄砲隊」などの部隊編成や様々な陣形、
「雨が降ると鉄砲が使えなくなる」といった天候の変化、伏兵の配置など
戦場における様々な要素がゲームシステムの中に組み込まれている。
野戦で決着がつかなかった場合には、お互いに「斬」「突」「断」の手札を
出し合って勝負を決める一騎打ちが発生することもある。
攻城戦においても決死の覚悟で「強襲」するか、「包囲」して兵糧攻めに
するかといった幅広い駆け引きを楽しむことが可能。
また、本作では海路を使って敵に攻め込むことで海戦をおこなうこともできる。
海戦では関船や鉄甲船などが白熱の戦いを繰り広げる。

◆圧倒的ボリュームのデータ群と女性キャラクター
本作では3500名以上の武将が登場。
拠点となる城の数もなんと600!
また、女性キャラクターがシリーズ初登場。
女児が誕生すると「姫」として育てるか「武将」として育てるか選択できる。
姫なら他大名家などと婚姻させて同盟関係を強化させる事ができ、武将なら
家臣と同じように合戦に参加できるようになる。
武将や姫・女性武将はそれぞれの顔画像が表示されるので思い入れも強くなる。
さらに、オリジナル顔画像の登録、武将・大名家の名前変更も可能。

◆新機軸の「血縁システム」
本作では「血縁」の概念が新登場。
姫を他大名家に嫁がせた場合は親族関係を結んだことになり、より強固な
同盟関係を結んだことになる。
家臣と婚姻させた場合は、その家臣を身内とすることができる。
このように「婚姻」はゲームを進行する上で非常に重要なウェイトを占める
ようになった。
また、婚姻した姫は、相手大名家との同盟が破棄された場合には出戻ってきたり、
出家したりすることもある。

◆グラフィックの大幅な強化
本作では、合戦やマップなどが3Dグラフィックに刷新されており、
今まで以上に臨場感がアップしている。
特に国内マップでは、各城の城郭レベル・町レベル・石高などの状況により、
城の形状と城周辺(城下)の町や田畑の画像が変化するうえ、四季の移り変わりや
天候も反映されるので、状況を一目で確認することができるようになっている。
マップには「国内マップ」のほかに「全国マップ」があり、日本全体を対象に
操作をおこなう場合は全国マップ、国内での操作や城のレベル等を視覚的に
確認したい場合は国内マップと、用途に応じた使い分けができて操作性が
格段にアップしている。